呪目堂とは|呪い代行・呪術代行承ります|呪目堂

呪目堂とは

呪目堂とは

呪目堂(じゅもくどう)は、歴30余年の呪詛師 九十九(つくも)と安孫子(あびこ)、白水(はくすい)ら弟子数名と共に運営する呪い代行・呪術代行のサイトです。
呪い代行(復讐・仕返し)>>
願懸け(復縁・縁結び)>>
縁切り >>
除霊、厄除け、呪い解除 >>
開運 >>
などの依頼を年間約200件程実施しております。インターネットの受付をする前から遡ると、実施は数え切れません。
呪術師の九十九が、元々口づてに依頼を受けていたところ、インターネットでのご依頼を受け付けるようになり、弟子と共にホームページを開設しました。
呪術は多岐にわたり、人と人を結ばせる願懸けや、厄払い・呪い解除のご依頼も可能です。

・呪い代行の料金設定について
呪い代行の費用は、業界では数万円から、高いものでは数十万円に上るものもスタンダードです。中にはパワーストーンやスピリチュアルグッズなどの購入を促されることもありますが、高いからと言って、効果があるとは限りません。
しかし、原価はと言うと呪術の実施時間・神社への交通費・呪術道具代程度となりますので、あまりに高額であると実態が伴っていないこととなります。
私、九十九は過去、対面で祈祷や除霊などを行っておりましたが、祈祷の相場は5千円~1万円位ですので、本来はそれが適正価格かと考えており、当サイトでも祈祷の相場に合わせて7,500円(税込)から設定しております。
詳しい料金案内はこちらをご覧ください >>


・呪い代行の業界について
内訳を明瞭化して安価な値段設定をしているため、私共はおそらく呪い代行の業界では孤立しており、同業他社様から嫌がらせを受けることがとても多いです。支離滅裂な虚偽を掲示板に書かれたり。。なぜそういった書き込みを熱心にされるかというと、2ちゃんねる全盛期時代から続いているサジェスト・検索汚染と言われるもので、ネガティブな内容が検索結果に掲載されるよう、同業他社の検索汚染をしている形になります。あとは脅迫メールを頂いたりとか…ございます。それ位アナログで村社会のような業界です。
呪目堂の詳しい実績・口コミはこちらをご覧ください >>


■呪術師 九十九(つくも)からのメッセージ

呪術師 九十九(つくも)からのメッセージ

呪術師 九十九は神を祭る家系に生まれ、30年程前から神事に携わっておりました。幼少期から、霊力・呪術の知識があり、ご祈祷などを行う傍ら、そういった力で悩める方々の手助けになる事はないか考えておりました。
実は、厄除け、除霊、ご祈祷を行っている際に、呪念や生き霊を感じると、こっそり呪い解除をしていたりします。
家系上、神や霊との関わりを熟知しておりますので、ただ霊感があったから占いや呪いを始めてみたという呪い代行業者様と、呪術との向き合い方が大きく異なります。
呪術師のイメージは、呪い掛けを実施し、人を呪ったり、陥れたりする悪いイメージがあるかもしれませんが、私は呪いを「人を憎まなければいけなくなってしまった方々の心の救済手段の1つ」として考えております。実際に、ご依頼して頂いた後、心の落ち着きを取り戻す方も多いです。
私の方針としては、
・他人からの圧で、どうすることも出来なくなってご自身を責めてしまう方
・憎くて仕方のない相手が居るが、復讐する手立てがなく苦しみ続けている方
など、身動きが取れなくなってしまった皆さまが呪いの力で少しでも肩の荷を下ろせるようと考えております。
人を呪わば穴二つと言う言葉がございますが、現実的にはそんなこともございません。
他人に深く呪われるような事をしてしまった人間は、呪われても仕方ありません。
代行サービスを使って、呪った事を悟られなければ、呪い返しなどはないのですから。


■呪い代行について

呪い代行について

インターネットの普及から、多くの呪術師の方が呪い代行のサービスの提供を始めました。
実際、呪いは存在するのか?と考える方もおられるかと思われますが、
呪いについてお調べ頂くと、古くは紀元前から儀式が行われおり、「神仏その他神秘的なものの威力を借りて、災いを取り除いたり起こしたりしようとする術」と開示されている情報が多いですが、私が取り扱う呪いと内容の相違はございません。
ただ、呪い掛けの手法・効果は、術師によって異なってまいります。
私は、呪術を実施する際、「火」と呪術道具を用いて対象者へ呪目(じゅもく)の呪い掛けをします。
文字通り、対象者は「目」に憑りつかれ、時に背後に鋭い視線を感じ始め、精神不調をきっかけに、厄災が訪れることになります。
呪術自体は、首都圏外の山奥の神社にて行っておりますが、用途によって実施する場所を変えております。
呪術のご依頼をご検討の方は料金のご案内をご覧くださいませ >>

ご依頼・お問い合わせはこちら

LINE相談


LINE相談 安孫子ツイッター 安孫子インスタ 求人募集 ご依頼・お問い合わせ
安孫子フェイスブック

ページトップへ戻る

ご依頼・お問い合わせ

トップへ戻る